メンスファッションアイテム紹介|福岡のセレクトショップ

IRM(アイアールエム)|イタリアインポートセレクトショップ

メンズファッションアイテム

メンズファッションアイテムへのこだわり

ファッションの聖地イタリアが誇るメンズアイテムが、
福岡・赤坂にある「IRM(アイアールエム)」では勢揃い。
当セレクトショップでしか見ることの出来ない
イタリアのデニム職人達が加工にこだわり抜いたブランド
P.M.D.S.(ピーエムディーエス)や、
モードを捉え時代のニーズに合わせたハイセンスブランド
MESSAGERIE(メッサジェリエ)など、
福岡ではレアで貴重なリアルクローズが大人の男の目を奪います。
他人と被ることを好まないオシャレ好きな貴方へ、当セレクトショップではしっかりとコーディネートさせて
頂きます。

メンズファッション:新しいアイテム

IRMのメンズファッションアイテムを もっと見る  > >

メンズファッション:取り扱いアイテムの種類

コート

腰が隠れる丈より長いアウター(上着)のことで、防寒や雨を防ぐために服の一番上に羽織るので、オーバーコートという呼び方もします。
ジャケットとの違いは、長さで分けらており、腰までの長さはジャケット、それよりも長いのはコートと呼びます。
また、丈の長さが腰丈のものををショートコート、腿丈のものをハーフコート、それより長いものをロングコートと呼び長さでも分類します。

ジャケット

下にシャツなどを組み合わせて着る上着全般のことを指します。
非常に広い括りですが、袖が付いていて前開きが基本のデザインです。
元々は男性用の上着が起源とされていますが、今ではそのような縛りは無く非常に幅広い意味で使用されています。

ブルゾン

フランス語で裾を絞ったブラウスと言う意味があり、腰丈の前開きのジャケットを指します。
腰周りの裾を絞を絞ったデザインなので、背中にふくらみをもたせたシルエットになります。
日本ではジャンパーとほぼ同じような意味で使われていますが、ブルゾンの方がファッション性が高いものと認識されています。

スウェット

スウェットは本来生地のことを指しています。
裏地がパイル生地や起毛した生地を使用しており汗の吸収性が高く、頭からすっぽりと被るようなプルオーバー型の上着です。
襟ぐりと袖、裾はリブ編みになっていて、伸縮性を持たせています。
また、伸び防止にガゼットと呼ばれる逆三角形の別布が襟ぐりの下に付いていることが多いです。
日本ではトレーナーと呼ばれていましたが、英語圏ではスウェットシャツと呼ぶので、最近では日本もそれにならってスウェットと呼ばれることが多くなりました。

カットソー

編んで作られたニット素材をカットして作られた服の総称であり、服の形状は特に決まっていません。
ニット素材であれば、Tシャツやブラウス、タンクトップなどもカットソーと呼ばれます。

Tシャツ

襟のないシャツのことで、広げるとアルファベットのTに見えることからその名前が付けられました。
Tシャツと半袖をイメージされる方が多いと思いますが、袖の長さは決まっていません。